500光年先に地球そっくりの惑星、水も存在

0 3142
LINEで送る

米航空宇宙局(NASA)が地球から約500光年離れた宇宙で、地球そっくりの惑星を見つけた。

太陽に相当する星からの距離を考えると、生命にとって重要な水が、液体として存在する可能性があるという。同様の太陽系外惑星は数個見つかっているが、地球とほぼ同じ大きさという例は今回が初めて。

この惑星ははくちょう座の方向にある「ケプラー186f」。昨夏、運用をやめた宇宙望遠鏡ケプラーの観測データから判明した。

SIMILAR ARTICLES